【30秒椅子立ち上がりテスト】|足の筋力が分かる!

キーワード:30秒椅子立ち上がりテスト、下肢筋力、年齢別、基準値、リハビリ

 

新型コロナウイルス感染予防策として、様々な活動を自粛された方や

現在進行形で自粛されている方が多くいらっしゃると思います。

そんな方の為に、今回はご自宅で、ご自身の脚の筋力を簡単にテストすることができ

る、「30秒椅子立ち上がりテスト」について紹介したいと思います。

 

 

歩数が減ると、筋量も減る

脚の力は加齢とともに低下すると言われております。脚の力が衰えると、駅やスーパーなどで階段を避けエレベーターを使うようになったり、少しの距離でもタクシーを使うようになったり、外に出かけるのが億劫になったり、そういうことを繰りかえすうちに、ますます脚の力が弱くなる、という悪循環に陥ってしまいます。

また、1日あたり1,500歩以上の歩数を2週間減少させると、約4%の下肢筋量が減少すると報告されており、この自粛期間での影響も考えられます。

 

 

脚の力なんてわかるの?

30秒椅子立ち上がりテストは、高齢者の体力測定や病院・施設などでのリハビリテーションの場面でよく使われており、科学的にも有用性が認められているものです。

 

 

 

 

では、測定方法について紹介します。

 

用意するもの

・ストップウォッチ

・床から座面までの高さが40㎝程度の椅子

 

 

方法

①椅子に少し浅めに腰かけます

②両手は胸の前で腕組みします(難しい方は腿の上でも可)

③「よーい、どん」の合図で椅子から立ち上がり、座る、ということをできるだけ早く繰り返します

④制限時間は30秒です、30秒間で何回できるか数えましょう

 

以上です。多ければ多い程、「脚の力が強い」ということになります。

 

 

脚年齢は何歳??

性別・年齢別の基準値を示します。

 

【男性】

 

65~69歳  21~18回

 

70~74歳  20~16回

 

75~79歳  17~15回

 

80歳以上  16~14回

 

 

 

 

【女性】

 

65~69歳  21~17回

 

70~74歳  19~15回

 

75~79歳  17~13回

 

80歳以上  16~13回

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

基準よりも少ない人は脚の筋力トレーニングを!

多い人は現状を維持できるよう運動を続けましょう!

 

まだまだ、自粛期間は続きますが、

ご自宅でできることを頑張って

健康に楽しく乗り切りましょう~

 

参考資料:

中谷敏昭・他:日本人高齢者の下肢筋力を簡便に評価する30秒椅子立ち上がりテストの妥当性.体育学研究,2002,47(5):451-461.