しつこいくらいに熱中症予防を

キーワード:熱中症、予防策、注意点

 

暑い日が続き、エアコンなしでは生活できなくなって来ましたね。

皆様、体調はお変わりないでしょうか。

 

この夏はマスク着用や、エアコン経由での感染の情報、窓を開けての換気など

熱中症になりうる要因が重なっており例年より注意が必要です。

 

毎年投稿されており、しつこいようですが熱中症予防についてお伝えします。

 

 

「熱中症は必ず防げる災害」である

 

―キチンと対策を行い

―適切な処置を行えば

 

必ず防止、あるいは軽傷で済ますことができる災害と言われています。

 

 

発生月と発生場所は?

 

熱中症の発生状況としては、やはり7月、8月に集中してはいますが、

前後の5月、6月、9月にも多く発生しており油断できません。

 

また、発生場所の約40%は住居内となっており圧倒的に多数となっています。

→外出自粛ムードの中、最も過ごす時間が長くなるご自宅での対策が重要です。

 

 

熱中症リスクが増大する環境要因は?

 

・気温(高温):気温が高くなると、体に熱がこもりやすくなる

・湿度(多湿):湿度が高くなると汗が蒸発しにくくなり、気化によって熱が冷めにくくなる

・日射、輻射熱:日射が強かったり、輻射熱、反射熱が強いと体に熱がこもりやすくなる

・気流:風がなかったり弱かったりすると、汗が蒸発しにくくなり、気化によって熱が冷めにくくなる

 

最近はこれらを用いた指標「暑さ指数(WBGT)」が発表されており、

ここ数日の大阪も12~15時の間は「危険」と表記されています。

(うちの子供たちも、この時間帯の休み時間は校庭での遊びは禁止されています。)

 

 

熱中症を予防するには

 

熱中症対策には「水分・塩分補給」と「暑さを避けること」が重要

 

①水分補給、塩分補給

こまめな水分・塩分の補給

喉の渇きを感じてからでは遅いと言われています。

また、がぶ飲みも一気に血中の塩分濃度を下げてしまうため、

少量頻回が理想的と言われています。

味噌汁による塩分補給も有効です。(塩分の摂りすぎには注意)

 

②熱中症になりにくい室内環境

扇風機やエアコンを使った温度調整

室温が上がりにくい環境の確保

(こまめな換気、遮光カーテン、すだれ、打ち水など)

こまめな室温確認

 

③体調に合わせた対策

こまめな体温測定

通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用

保冷剤、氷、冷たいタオルなどによる体の冷却

 

④外出時の注意

日傘や帽子の着用

こまめな休憩

通気性の良い、吸湿・速乾の衣服着用

天気の良い日は昼下がりの外出はできるだけ控える

 

 

まとめ

・暑さの感じ方は人によって異なります

・高齢の方は特に注意が必要です

・熱中症予防を呼びかけ合うことが大切です

・節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください

 

 

 

いかがだったでしょうか。

 

しつこいようですが、この時期どなたにも起こりうる熱中症。

しっかりと対策をとれば予防、減災が可能です。

我々スタッフも、この時期は利用者様の体調の変化には

より一層の注意を払って対応しております。

 

 

 

いつもと違う夏。

 

 

 

みんなで乗り切りましょう。