節分

 

今日、2月3日は節分です。

季節の変わり目でもあり年の節目でもある節分は、“鬼”や邪気が入り込みやすい日と考えられてきたので、この節分に、福を呼び込むためにしっかり“祓(はら)え”を行うという風習が根付いたそうです。

 

皆さんは、どんな福を呼び込みますか?

 

さて…

訪問で出会った利用者さん

それぞれの利用者さんの「福」に思いを馳せています。

 

記憶力、判断力が低下し、このところ「いろんなことが、訳が分からなくなって…」とおっしゃるMさん。薬を、お一人で飲めなくなっています。

80歳代後半、独居、お若い時は商売をされ、今でも背筋がしっかり伸び若々しい!

「人様に迷惑をかけてはいけない、頼りたくない」凛と気丈なMさん、でも、お風呂の沸かし方もお化粧の仕方も分からなくなっておられます。

このところ私に「なんかの縁があって出入りしてもらって、あんたは私の妹みたいなもの。気心知れてるから、私がおかしなことしてたら、言って。怒らんから。近所の人に、呆けてるなんて思われたあかん」と。

本当は、30数十年も歳の差があるのに、妹か~と一人で苦笑いしながら、ちょっとずつ「○○は△△した方が良いですね」と訂正していきます。

そして時々混乱、興奮状態になり「あんたは、お金儲けで来てるんでしょ!度々来て、儲け目当てでしょ。」と。

独居で生活援助も必要だけれど、ヘルパー利用もデイ利用も、全く受け入れていただけず今日に至っています。

離れて暮らすご家族は、施設の利用を考えておられますが、

ご本人は「こうして横になって、テレビを見て、気ままがいい」「(施設で)夜テレビ見れないのは嫌。夜の巡視も嫌。気を使うのは嫌。気ままに出来ない。」

そうですよね。

「だけどね、夜になると心細くって、寂しくなるんよ」「歳をとるのは侘びしい」

そうですよね。

そうですよね…と頷きながら、Mさんのこれからの生活をどう支援できるのか、、、

Mさんの「何しに来たん?」の言葉を真摯に受け止め、「また来てや」の言葉に励まされ、

明日も、歳の離れた姉妹になれたらと思う日々です。

 

 

「福」が呼び込めますように、

それぞれの「福」が呼び込めますように、

 

今年の恵方は東北東ですね、今日はやっぱり巻きずしの丸かじりと豆まきをしよう!